これで安心。ペット火葬

ペット火葬についての情報が満載です!

このサイトではペット火葬のための、火葬場の選び方から、役所への届出などの準備、そして、実際のサービスの特徴などをまとめてご紹介します。
大切なご家族の一員を亡くされた悲しみは測りきれません。
だからこそしっかりと弔い、ペットと過ごした時間を心に刻みたいかと思います。
そんな方々へいざお別れの時が来た際に少しでも迷われないよう「ペットの火葬」についてご紹介していきます。
少しでもお役立ていただきましたら幸いです。

ペット火葬ができる火葬場とは?選び方も解説

ペット火葬ができる火葬場とは?選び方も解説 ペット火葬ができる施設としては、霊園や寺院があります。
しかし、すべての霊園や寺院でペット火葬に対応しているわけではありません。
もし対応していても、対応時間が決まっている場合もありますのでご注意下さい。
次にペット専用の火葬場があります。
専用だけあってハムスターやウサギなどの小動物なども対応できる場所もあります。
逆に大型の動物では対応できない場所もあるので確認しておきましょう。
では火葬場をどのように決めれば良いのでしょうか。
重要なのは家族間で行いたい火葬内容を決めておくことです。
例えば思い出の品を一緒に入れたいと思っていても、対応できないことがあります。
またペットの大きさで費用が変わるのでご予算も大事になります。
大切な家族の一員だからこそ、ご希望を明確にして条件にあった火葬場をお探し下さい。

ペット火葬を行う場合にふさわしい服装とは

ペット火葬を行う場合にふさわしい服装とは ペット火葬に参列する際に、人間の葬儀と同じ様に喪服を着るべきか悩むこともあるでしょう。
家族同様に一緒に過ごしてきた、大切なペットを見送る最後のお別れの場面だからこそ失敗はしたくないと考える人もいるかもしれません。
ペット葬儀を行う際の服装のマナーとして、特別に決まったものはありません。
火葬を行う霊園や寺院などで決まりごとがない限りは、自分の気持ちに合わせた服装でペット火葬を行うことがほとんどです。
亡くなったペットが普段通りに安心できる様にという気持ちでいつも通りの服装を選択しても、家族の一員を見送る大事な場面として喪服をチョイスしてもかまいません。
ただし、あまりにも派手なものは避けて、落ち着いた色の衣服を選択した方が無難でしょう。
また、ペット火葬に呼ばれて参列を行う場合は、相手に当日の状況を確認しておくと安心して参加ができます。
普段着でかまわない場合でも寒色系などでまとめて華美にならない様に配慮しましょう。
もしも、ペット火葬を行う場所が一般の火葬場と併設されている場合は注意が必要です。
人間の葬儀に参列している人は喪服を着用しているため、そちらに合わせて黒っぽい服や喪服を着用することが望ましいです。
火葬を行う場所や場面及び気持ちに合わせて、大切なペットを送り出したいですね。

ペット火葬で参列は可能なのかを確認しよう

ペット火葬で参列は可能なのかを確認しよう "ペットも今や家族と同じように大切に扱われておりペット火葬が行われることも増えてきました。
ペットの埋葬は、そのまま埋めるということは難しく、最近はペット火葬を依頼することが一般的です。
人間の葬儀と同様に参列することもできますが、このときはどんな服装にすれば良いのかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
まず、ペットの場合は人間葬儀のときのように特に決まりはなく、自由な服装を選ぶことができます。
普段着用している服でも十分ですし、葬儀を意識して地味な服装を選ぶこともできます。
さらに、喪服のかわりに黒い普段着を選ぶ人もます。
ペット火葬は、自宅で行うケースもありますが、専用の葬儀場や火葬場を利用することもあります。
そんな場合も、特別華美な衣服でなければ服装にはそれほど気にする必要はありません。
できるだけ丁寧に送ってあげたいという場合は喪服を選ぶこともできます。
持ち物のとしては、数珠やハンカチ、さらにペットの写真やお花などがあげられます。
好んでいたおやつやおもちゃをお棺に入れてあげるのも良いでしょう。

ペット火葬に参加する際には喪服を着るのか

ペット火葬に参加する際には喪服を着るのか現代社会では、ペットも家族の一員ということで大々的に火葬が行われています。
ペット火葬とも言われますが、この葬儀ではどのような服装で訪れるのがいいのでしょうか。
ペット火葬に訪れる人々は、実際に喪服を着る人はそこまでおおくありません。
基本的な服装として挙げられるのが、普段着です。
ただし、あまり派手さがないものを選ぶ方が多いと葬儀屋の統計では示されています。
多くの方が普段着を選ぶ理由は、一緒にいた頃と同じような格好でペットを見送ってあげたいといったものが多いです。
また、正装をしてしまうと悲しみが増してしまうといった回答もありました。
ペット火葬で喪服を着る方は、大体10%程度の割合となっています。
そのため、無理にペットの葬儀に服装を揃える必要はありません。
自身がペットに対して見送りたい格好のものを選びましょう。
よく遊んだ普段着でもいいかもしれません。
ペット火葬は家族でしか行わないため、そこまでマナーを意識する人もいないようです。

亡骸を丁寧に供養するペット火葬サービスがオススメ

大切な家族の一員であるペットちゃんが亡くなった場合その亡骸は、お客様が望まれる最良の形でお見送りするペット火葬業者がお勧めです。
24時間365日年中受付していて日本全国対応可能なペット火葬業者は、お引き取りから個別火葬や骨上げまで最後まで宗派を問わず、丁寧にお見送りいたします。 ペット火葬サービスは、ペットちゃんのお引き取りから個別火葬まで対応しており3つの料金プランをご用意しご依頼をご自宅までスタッフがお伺いします。 ペット火葬サービスのプランは、まずお引き取りして供養する霊園供養プランや個別一任プラントご家族でお見送りする家族立ち会いプランの3つの中から選べます。 火葬サービスでは、専用の車でご自宅までお伺いしますがお車には会社名やロゴ等の記載は一切なく一般の車と変わりがないのでご近所の目が気になる事は無いのです。
そしてペット葬儀については、24時間365日早朝から深夜まで専用のスタッフが親切丁寧に対応しますのでわからないことがあれば何でもご質問願います。

ペット火葬で家族写真を添えてお見送りする

ペット火葬でペットちゃんの旅立ちの際に用意するものは、まずお花を準備しますが生花店で買ったお花や思い出のある花、お庭で摘んだお花を用意する方もいらっしゃいます。
次に天国に行ってもお腹いっぱい食べてほしいと言う思いを込めて、ペットちゃんが生前に好きだったおやつなどご持参するご家族もいて、ペットちゃんの口元に添えてお見送りされます。 それから井田のお気に入りのおもちゃなどを一緒に仮装する方もいますが、素材や大きさによっては火葬炉に収めることができないこともあるので、ペット火葬業者に確認しておくことです。 ただ形見の品として残しておけばよかったと後悔しないように、じっくり検討してから火葬炉に収めることしても遅くないのでです。
また思い出や感謝の気持ちをお手紙に書いてくださるご家族もおられ、一緒に過ごした思い出を忘れないようにと家族写真をご用意される方もおられ、写真はペットちゃんの体に添えてお見送りされる方もおられます。

メモリアルグッズのペンダントもあるペット火葬

近年、犬や猫などのペットは単なる愛玩動物ではなく、友人や家族同然の伴侶動物として扱う飼い主の方が増えています。ペットが亡くなった時も、ペット火葬などのプランがある葬儀会社に依頼して、人間の場合と同様に天国への旅立ちを見送ることも珍しくなくなってきました。今ではペット火葬が可能な葬儀会社がたくさんありますが、その中には遺骨を納めるメモリアルグッズを販売しているところも見られます。手元供養として、少量の遺骨をカプセル状のペンダントヘッドなどに入れて、肌身離さず持ち歩いたいという人は、このようなメモリアルグッズも扱っているところに火葬を依頼すれば一石二鳥でしょう。
基本的にペット用の遺骨ペンダントは、身に着けてもメモリアルグッズだと分からないような、おしゃれなものが増えてきています。ペット火葬だけではなく、散骨する際にも手元供養分の遺骨はパウダー化しないで残してもらえるので、興味がある方は相談してみましょう。

ペット火葬の際に金属類の扱いはどうなるのか

ペット火葬の際にはそのペットにゆかりのある物を同時に火葬するのが一般的です。
具体的には毛布や手紙、衣類などが棺の中に入れられます。しかしながら、入れられない物もあります。それは金属類です。金属類は火葬の際に上手く燃えないので、棺の中に入れてしまうと危険なことにも繋がりかねません。そのため、入れることが出来ないルールになtっています。首輪はその典型例と言えるでしょう。一見燃やせるように見えても、燃やせない物もあります。それは部分的に金属が使用されているものです。ペットが使用する器具の中には強度などを上げる目的で金属が使用されていることがあり、それをペット火葬の際に棺に入れる場合は取り外さなければなりません。ペット火葬で使用される焼却炉はそれほど大きな火力ではなく、簡単に燃え残ってしまいます。これはペットの骨をなるべくきれいな形で残すためでもあります。それゆえに金属は取り外しを求められることになります。

ペット火葬には直葬や公営と民営など種類がある

亡くなった動物の種類や大きさで埋葬またはペット火葬の2種類があり、埋葬だと衛生的な問題もあるので犬や猫が亡くなったときは殆どの人は火葬を選ぶことが多いです。
埋葬だと火葬場へ行く手間がなく自宅の庭など共に過ごした場所へ葬れるのが利点です。広い庭があって持ち家で、小鳥やハムスターなど小さい動物ならこの方法でも構いません。人と同じように葬儀をするかでもペット火葬で直葬かどうかも違い、ペット火葬場だと体を拭いてあげたりなどの旅立ちの儀式、式場に備え付けてある祭壇へペットを安置して飼い主が見守りながらお経を唱えたりと葬式を行うところもあります。これは全ての施設で行っているわけでもなく、直葬のみのところもあるので注意です。さらに火葬場は公営と民営があって方法とサービス内容が違い、公営だと焼却するための施設なので遺骨を持ち帰ることが出来ずゆっくりした別れもなく、葬儀なども出来ません。民営は遺骨を持ち帰ることが出来て葬式など希望通りのお別れが可能なので、ちゃんとした最後の別れをしたい時には民営の方がいいです。

ペット火葬に関する情報サイト

ペット火葬 東京

新着情報

◎2023/3/1

情報を追加しました。


>亡骸を丁寧に供養するペット火葬サービスがオススメ
>ペット火葬で家族写真を添えてお見送りする
>メモリアルグッズのペンダントもあるペット火葬
>ペット火葬の際に金属類の扱いはどうなるのか
>ペット火葬には直葬や公営と民営など種類がある

◎2021/4/1

使われる火葬炉の特徴
の情報を更新しました。

◎2021/2/4

口コミも重要
の情報を更新しました。

◎2021/1/14

サイト公開しました

「ペット 火葬」
に関連するツイート
Twitter

【広島】ペットの霊園トラブル防止へ指導要綱 火葬・墓地との距離など住民への説明求める

ペットメモリアル神奈川 | 大切なペットちゃんとのお別れをサポート。ペット火葬ペット葬儀

ペット火葬サービスで大切な家族を見送る

ペット火葬業界の真実!愛する1匹に最高のお見送りを——神奈川ペットメモリアルがお手伝いします!#天国への扉ペット葬儀

昨日はメンタル持っていかれててエペフェス見る所じゃなかったんですよね…今日になって持ち直したとかもないんですけど 火葬は返骨してもらえるプランがあったので、骨壷を頂いて自宅供養するのと、残った細かいお骨を他のペットちゃん達とまとめて一緒にお寺でも供養してもらいました